• 2018.10.02

    ママ高を野田聖子大臣が視察に!

    ママ高第2回目。

    ママ制服を来て育児に必要な心のスキルを学ぶ「ママ高」に
    野田聖子大臣が視察に来て下さいました。

    同じママとしてママ高の生徒達と、育児についてママトークして下さいました。

    沢山のママ支援がある中

     

    ・365日育児を頑張るママだからこそ、たまの「ママを忘れる時間」の必要性

    ・育児を学ぶだけでなく、ママの心をその場で元気にする場作りの必要性

    ・育児セミナーや講演に行きにくい、興味がないママ達でも参加したいと思える勉強会の実施の必要性

     

    と私達独自のママの心の支援に沢山共感して下さいました。

     

    今回のママ高では「自分で出来るメンタルケア」と題し、ママの心が元気でなければいけない理由を始め元気にする方法を体感型の授業で学び、参加したママ達の沢山の笑顔を見る事が出来ました。

    次回は10月26日10時30分〜「子ども達の心を知る」という授業を行ないますので、ご見学等のご要望ごさいましたらお問い合わせよりご連絡お願い致します。

     

  • 2018.09.06

    「ママ高」が開校しました!

    ママが制服をきて育児に必要な「心のスキル」を学べるママ高がついにオープンしました!

    今回は10名のママが参加してくれました!

    制服を着ていますが全員がママで、みんなのこども達を合わせると22名ものこども達がいます!

    これから3回の授業を受けママとしては勿論、沢山の人の役に立てる心のスキルを身につけ「当事者だけど支援も出来るママ」を目指し、みんなで子育ての課題にも取り組んでいく予定です。

    新しい感覚を持ち、トレンドにも敏感で

    今ある物を更に魅力的にするのが得意なママ高の生徒達!

    お仕事のご依頼もお受けしています!

     

     

     

  • 2018.08.28

    野田聖子大臣と会談

    野田聖子大臣からの

    「ギャルママに会ってみたい!」

    そんな一言が私に届き会談が実現しました。

    野田大臣は

    若いママ達のリアルな現状を親身になって聞いて下さり

    「悲しい顔をする子ども達を減らしたい」

    そんな想いに共感して下さいました。

    同じ子を持つ母として

    ママ達が今よりも育児しやすい環境を作って行く為に

    必要な事を一緒に考え、これから実現していきたいと思います。

     

     

  • 2018.07.27

    ママ高等学校「第1期生」募集開始

    「ママ高等学校」とは?

    月1回、金曜日、10時〜13時

    ママが制服を着て授業を受けながら、育児スキルを身につけられるママの為の高校です!

    日々育児に追われ、疲れているママの心を回復させる為には、どんな立派なセミナーよりも「非日常+ママじゃなくなる時間」が最も効果的!

    まさかママになって着るとは思っていなかった制服を着る非日常の中で、子ども達の前で笑顔でいられる時間を増やす為に必要な「心」のスキルを学ぶ事が出来ます!(参加対象:ママのみ)

    全の活動に日菜あこも参加します!

     

    ママ高の授業内容は?

    ①入学式(8月31日)

    ②ママのメンタルケア(9月28日)

    ③子どもの心を知る(10月26日)

    ④子育ての悩みを解決する言葉(11月30日)

    ⑤卒業遠足(12月14日)

     

    場所や時間は?

    場所:渋谷から徒歩10分         時間:10時〜13時

     

    費用は?

    授業4回で15000円(遠足は自由参加)

     

     

    申し込み方法は?

    ママ高の公式LINE@から募集しています!

    (LINE ID検索  →@vfb1988p )

    QRコードからもお友達追加が可能です。

    お友達追加完了しましたら、

    「ママ高の参加」

    ①お名前  ②ママの年齢 ③電話番号 をトークで送信して下さい。

    ※応募締め切りは8/15まで!定15名員集まり次第募集終了なります。

  • 2018.07.06

    【考察】茨城の県都・水戸、なぜ「独り負け」が続くのか[東洋経済記事より]

    ■茨城の県都・水戸、なぜ「独り負け」が続くのか■

    https://toyokeizai.net/articles/-/184696

    実家のある水戸の地価、独り負けという記事。

    茨城県では最大人口の27万人を擁する水戸市、産業構造的にはかなり偏ったサービス業中心の地方都市、人口は数年前まで微増していたが今は下落傾向。これは今後も続くだろう。

    記事では地価価格の下落を課題とするが、本質ではない。税収は今のところ安定しているし、固定資産税も目立った減少は今のところ見られない。

    つまり、地価価格の下落はそれほど市民の生活を左右しない。

    それよりも、将来的に深刻となるであろう課題は、水戸市がかなり偏ったサービス業を中心とした都市であるにも関わらず、その担い手となるべき生産人口の減少率が高いことだ。

    これから、工業はもとより農業を含めた製造関係はおしなべてAIと機械にその業務が代替されていくが、サービス業の多くは最後まで人間を求める領域が残り続ける領域だ。つまり、需要はシンギュラリティ(技術的特異点)後もある程度の期間、仕事がある。それだけに、生産人口が減ることは大きなリスクとなりうる。

    一方、記事中でライバルとされるつくば市は生産人口が増加傾向にある。これは2040年くらいまで続くことが予測されている。

    仮に水戸市に新幹線が来ていたとしよう。それが生産人口を増やす要因となっていたか、という点については否定的だ。なぜなら新幹線通勤には水戸は近すぎて、つくば市との差別化が困難だからだ。都心へのアクセスは圧倒的に本数も多い「つくばエキスプレス」のほうが利便性が高い。さらに、計画都市として道路も歩道も広く居心地の良いつくば市に比べ、元々城下町でごちゃごちゃしている水戸市では比較にならない。

    さらに、水戸市が社会全体がイケイケで都市計画などなんとでもなる、と思っていた1980年代、つくば市は1985年の「つくば万博」を起点として、研究学園都市としての発展を計画、思った以上に遅れた「つくばエキスプレス」の開通を40年近く待った。その間に近くには空港もできた。おかげで今は研究学園都市として日本でも特化した素晴らしいコンテンツ都市となっている。今さら勝てるわけがない。

    それらを考えていくと、この5-10年だけで言うなら、水戸が取り組むべき施策の一つは、安倍内閣が「働き方改革」といううわべだけの施策を打ち出しまくってる中、テレワークだ、サテライトオフィスだと、金をばらまいているので、この波に乗って企業誘致をすることだろう。

    もちろん、そのための施策を考えることは必要だ。企業誘致に取り組む自治体は全国にあり、市場はレッドオーシャン化している。

    そこでの競争優位性を出すには、ハードというよりソフト部分での戦略的誘致施策を考えていく必要がある。

    少なくとも、テレワークとサテライトオフィスに関しては、「通勤には少し遠い」「移動には少し不便だが、がんばれば日帰り可」などいくつかのキーワードがある。その点で水戸市は優位性がある。

    地理的条件というものは、新幹線とか飛行機とか、その条件をブレイクスルーできるツールは世の中的にはあるが、絶対ではないし、それになんと言っても金がかかる。その費用対効果を考えるなら、やはりその場所にある、という動かせない事実に目を向けて自分たちの強みを考えていくべきだ。

    それらを総合的に見れば、水戸市には可能性が多くある、と思う。

    独り負けだって悪くない。だって、安い価格で企業誘致できるわけだから何もマイナスではない。

    ただ、問題は市政をシニア世代が舵取りしているということ。その間はその可能性すら活かすことは無理だろう。

    その方々が自分の保身と健康以外のことを考えない市政を続ける間に、可能性はどんどん減って行くわけで、「緩慢なる衰退」を望まないなら、水戸市民も新しい世代に市政を任せていくべき時がとっくに来ていると思う。